MENU
ニューロ光マンションミニってなに?

NURO光マンションミニは、マンションにお住まいでもご利用可能な個人回線タイプの光回線。しかも、料金は戸建てと変わらず、全く一緒です。


あなたは、最近このNURO光マンションミニのサービスが新しくなったことについて詳しくご存知でしょうか?

実は、NURO光マンションミニは7階建てのマンションにまで適応可能になりました!

しかし、これはNURO光マンションミニのごくごく一部のいいところにすぎません。

近年ネットにあふれている広告は、キャッシュバックが最大○○円と記載されていても、受け取るための条件が厳しいものが多いです。 そんなキャッシュバック情報の真実を含めて、NURO光マンションミニをお得に使う方法を紹介します。

一回騙されたと思って、当サイトのページを読んでみてください。

NURO光マンションミニがいかに魅力的で、いかに光回線業界サービスを牽引しているのかわかることでしょう。



NURO光マンションミニの詳細

 

さあ、ここでは、NURO光マンションミニを導入するかどうか迷っている方に向けて、基本情報を詳しく見ていきます。

そもそも、NURO光マンションミニはどんなサービスなのでしょうか?

大まかに言いますと、本来戸建てにのみ適用可能であったNURO光の通信速度下り最大2Gbpsという国内最速のサービスを、マンションでも利用可能にしたものです。

しかも、当初は2階までであった制限も、5階に緩和され、なんと2017年2月からは7階にまで緩和されました。


ここで読み間違えて欲しくないところは、マンションの7階以下にお住まいかどうかではなく、マンションが7階建てかどうか、ということ。

私も最初、読み間違えてしまったのですが、ここを読み間違えると、実際にNURO光マンションミニと契約しようとしたときに、実は契約できない!? という事態に陥る可能性もあるため、注意が必要です。

つまり、例を挙げますと、7階建てマンションの7階にお住まいの方は、NURO光マンションミニをご利用可能ですが、8階マンションの1階や2階にお住まいだとしても、NURO光マンションミニと契約はできない、ということ。

ややこしいですが、NURO光マンションミニと契約する際には、きちんと押さえたいポイントです。

次に、実はNURO光マンションミニは正確には2種類存在するということです。

それがこのNURO光G2とNURO光G2Vです。

プラン NURO 光G2 NURO 光G2V
月額基本料金 7,124円 4,743円
基本工事費 40,000円(30ヶ月の分割払い)
契約事務手数料 3,000円
契約期間 なし 2年間
契約解除料 0円 9,500円
キャンペーン なし あり


以上の図を見てもわかりますように、これらNURO光マンションミニの2つの違いは、契約期間があるかという点、月額基本料金の点、キャンペーンの有無の点の3点です。

契約期間については、NURO光G2Vでは、最低2年間という契約期間が設けられているため、この期間内に解約しようとすると、違約金9,500円が存在します。

しかし、NURO光G2には契約期間が設けられていないため、たとえ2年以内に解約したとしても違約金は発生しません。 ただし、その分月額利用料金は7,124円とNURO光G2Vより2,381円も毎月高いということ。

文字だけで述べても、いまいちイメージがわきにくいと思いますので、6ヶ月間、12ヶ月間、18ヶ月間、24ヶ月間それぞれNURO光G2とNURO光G2Vを使用した際の金額について以下、まとめてみました。

NURO光G2


6ヶ月間 12ヶ月間 18ヶ月間 24ヶ月間
月額料金 7,124円×6 7,124円×12 7,124円×18 7,124円×24
違約金 0円 0円 0円 0円
総額 42,744円 85,488円 128,232円 170,976円


NURO光G2V


6ヶ月間 12ヶ月間 18ヶ月間 24ヶ月間
月額料金 4,743円×6 4,743円×12 4,743円×18 4,743円×24
違約金 9,500円 9,500円 9,500円 9,500円
総額 37,958円 66,416円 94,874円 123,332円
       

以上の表を見ると、明らかにNURO光G2Vの方がお得だとわかります。これに加えてNURO光G2Vには、キャンペーンも存在するため、更にお得。

この項では、実際にNURO光マンションミニがどんなサービスなのかということと、実はNURO光マンションミニにはNURO光G2とNURO光G2Vの2種類が存在することについてご紹介しました。

次項では、NURO光マンションミニの速度について実測値はどのくらいなのか、ということについてみていきましょう。



実際の速度掲載!本当に速いのか



さて、ここでは業界最速を謳うNURO光マンションミニの実際の通信速度を紹介していきます。

実際の速度とはなんなのだろうか、ホームページに載っている2Gbpsというのが回線速度なのではないのか、と疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、他社も含めて光回線サービスの速度の値、つまりNURO光マンションミニなら2Gbpsという数値は、理論値上の数値の場合が多いです。

ただ、NURO光マンションミニの場合は、他社の最大値が100MGbpsや1GBpsであるのに対し、たとえ理論値でも2Gbpsという数値を出せることがすごいポイントの1つ。

このおかげで、回線が少し混み合ったとしても、元の回線が速いため、さほど不都合は生じない、というわけです。

では、ここで実際のNURO光マンションミニの回線速度はどの程度なのか、ということについて、実測値を用いてお話していきます。

観測値 通信速度(下り)
東京 907 Mbps
神奈川 894 Mbps
千葉 935 Mbps
埼玉 932 Mbps
群馬 757 Mbps
栃木 891 Mbps
茨城 946 Mbps

(*公式サイトより抜粋、無線と有線の区別はなし。)

これらのNURO光マンションミニの通信速度は、2015年8月〜2016年1月の間に観測されたものです。 そのため、現在は多少改善されているかもしれませんが、基本的には1Gbpsを超えるのは難しそうな様子。

しかし、最近NURO光マンションミニの速度を測った例では、1Gbpsを超えているというものもみかけられました。

やはり、NURO光マンションミニの回線速度は、圧倒的に速い光回線サービスですね。

また、公式サイトに実際に回線速度を測定できるオリジナル通信速度測定システムも掲載されているため(http://www.nuro.jp/speedup/nuroCheck.html)、現在NURO光マンションミニをお使いの方は、NURO光マンションミニと契約した際は、実際の回線速度を測ってみるのもいいかもしれません。

現在、NURO光マンションミニを使用しているユーザーは、回線速度に満足している人が多く、他社からNURO光マンションミニに乗り変えた人たちは、回線速度に驚いている人も多かったです。

以上、ここでは、実際に利用した際のNURO光マンションミニの回線速度について紹介してきました。 回線速度に満足しているユーザーも多くNURO光マンションミニは、本当に速い光回線サービスであるといえることができるのではないでしょうか。

次項は、実際にNURO光マンションミニのサービスが使えるエリアについて述べていこうと思います。


どのエリアの人がNURO光を使えるの?


さて、回線速度もサクサクで便利なNURO光マンションミニですが、実は、エリア展開は全国ではなく、契約できるエリアには制限があります。

そのうえで重要な光回線サービスの変遷について詳しく見ていきましょう。

そもそも光回線には大きく分けて3種類あります。

3種類の光回線サービス


1. NTTの光回線サービス
2. NTTの光回線を違う企業が提供する
3. 独自の光回線サービス


1つめの、NTTの光回線サービスについてですが、もともと、光回線は大手のNTTが提供しているサービスのみでした。 この例がフレッツ光であり、ほぼ全国エリアで可能なサービスなことや国内最大の光回線であることが売りであり、ひと昔前は、光回線といえば、このフレッツ光のみでした。

しかし、2015年からはNTTの光回線を借りて、光回線事業をスタートする企業が多くなってきています。

この例としてあげられるのが、ドコモ光やソフトバンク光です。 ドコモやソフトバンクは、みなさんおなじみのように携帯電話のサービスも提供しているため、光回線と携帯電話をあわせて使うことで、料金が安くなるセット割が売りのサービス。

最後の独自の光回線サービスを提供している部類に入るのが、NURO光であり、この中のサービスにNURO光マンションミニが含まれます。 これは、ダークファイバーという今まで使われていなかった光回線を使用することで、NURO光マンションミニはサービスを開始しました。

光回線サービスは、プロバイダと光回線から構成されますが、このNURO光マンションミニは、これらを提供しているのが上記2つと違いSo-netというプロバイダ会社1つのみです。 そのため、契約する際も、スムーズに進みます。

しかし、NURO光マンションミニは、2013年から始まったサービスであり、まだまだサービス提供エリアが小さいことが問題です。 ここで、NURO光マンションミニの契約できるエリアに制限があるという問題にさしかかるわけです。

以下、現在のNURO光マンションミニの契約可能エリアについてみていきましょう。

実は、現時点でのNURO光マンションミニの契約可能エリアは関東に絞られています。 しかし、サービス開始当初は、今よりさらにNURO光マンションミニの契約可能エリアは小さく、また、契約エリアの都道府県でも使えない地域や建物も多かったです。

しかし、現在はどんどんNURO光マンションミニの提供可能エリアがひろがっており、また、電話でNURO光に確認することで、導入済みではないマンションにも導入できるかどうか検討する、と努力して適応エリアをひろげようとしています。

公式ホームページにおいても、NURO光サービス提供エリア絶賛拡大中!とうたっているため、NURO光マンションミニの契約可能エリアが今後もどんどんひろがっていくのは間違いなさそうです。

以上、ここまではNURO光マンションミニの適用可能エリアと今後の拡大についてのべてきました。 次項では、そんなNURO光マンションミニと契約する際にどのような流れでサービス開始に至るのかについてご紹介していきます。



工事から、実際にサービス開始までの流れ



ここまで、NURO光マンションミニについていろいろ見てきましたが、いかがでしょうか。 いざ、NURO光マンションミニを実際に申し込もう!と意気込んでも、その前にNURO光マンションミニ開通までの流れを知っといて損はありません。

それでは、早速、どのようにNURO光マンションミニのサービス開始に至るのか、ということについて早速みていきましょう。

まずは、公式サイトの場合はここ(https://www.nuro.jp/apply.html)のNURO光マンションミニ新規入会から選択エリアの検索をし、規約を読み、申し込みボタンを押します。

このときに、工事日を予約するかしないかの選択ができるのですが、当サイトではこの時に工事日を予約することをおすすめします。

なぜかといいますと、ここで工事日を決定せず、後日工事日を調整しますと、約10日間の差が生じるからです。

ぜひ、契約したい方には、一刻でも早くNURO光マンションミニを使用していただきたいため、工事日の決定も早めに済ませてはいかがでしょうか。

そのあと、宅内工事を経て、約10日後に屋外工事があり、NURO光マンションミニの利用開始になります。

この際、宅内工事は立ち合いが必須のため、工事日2日前〜前日までにくる訪問時間の電話をチェックすることが必要です。 屋外工事の際は、当日までに訪問時間の連絡がくるため、こちらも電話に注意が必要です。

屋内工事の光回線の引き込みは、エアコンの隙間や、電話線などの既存配管を利用すれば、新規に穴をあけることは必要ないため、賃貸で穴をあけたくない、という方にもNURO光マンションミニの工事は、うれしい方法になっております。

以上述べたように、スムーズに申し込みがすすめば約1ヶ月ほどで、NURO光マンションミニのご利用が可能に。

あなたも業界最速2Gbpsを誇るNURO光マンションミニを試してみませんか?